〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

出場するのに100万円の「世界一過酷なレース」

この前ウルトラマラソンに出てた時に走ってた方で、やはり100㎞なんかに出るだけあって変態が多いのだがウルトラランナーにとって「変態」は最高の褒め言葉かもしれないが

 

過去にサハラマラソンに15年連続で出たおばちゃんがいた

申し訳ないが見た目は普通のおばちゃんだ

ここが大島じゃなくてスーパーなら万引きGメンにすら見える

そしたらそのおばちゃんサハラマラソンに15年連続出場してた(・・;)

なんで今年は出ないのか聞いたら

 

「お金と時間が保たない」

との返答.

 

15回出るまで気づかなかったのかよっっ!!Σ(゚д゚lll)

 

 

そう…サハラマラソンはまだ出てないから辛さはわからないがなにより準備の段階で費用も時間も含めて本当に大変

 

 

約1年前からエントリーの覚悟と準備がはじまって

 

費用だけでも

  • エントリー費用約50万
  • 旅費等20万前後
  • 準備する品物代10万以上
  • その他諸々合計で100万円

 

サハラマラソンはお金がかかる

やるのに100万前後かかる

よく聞かれるのはなんで辛い思いするのに100万も払うの?

この質問にはウンザリだ

そんな価値観人それぞれで

バンジージャンプやるのに金かける人もいれば、ジェットコースターに金かける人もいるし、他人からはくだらないゲームやアニメにお金をかける人もいる

 

それがたまたま僕にとってはこんなワクワクする挑戦だったわけだ

 

上記のようなくだらない質問してくる奴に限って年間100万円は飲み代使ってる

僕から言わせればそんなくだらないこと

になっただけだ飲み代が.

 

過去にキャバクラで一晩何百万も泡のように消えていく使い方してたこと考えたら、よほどサハラマラソンでもやり遂げた方が達成感ある

 

何百万も一晩で使った後に残るのは無気力感と絶望感だけだ

 

まだ一晩だとそれを思い知るだけマシだが年間で使ってたらそれにすら気付かない

 

 

それはさて置き、使い道は別にして100万円は安い金額ではない

15回出てるおばちゃんは1000万以上かけてるのか…

それだけかけてでも出たくなるレースに今はワクワク感しかない

こんな事一生に一度しかできないかもしれない.

 

確かに時間とお金がかかるのは事実

来年以降出られる保証なんてない

だから今を全力で生きたい

 

 

image

 

 

男の価値は稼いだお金の使い方でかわる.

 

 

チームメイトの青木君が結婚した

 

image

※当時35歳いまはオッさん

 

SNSでその報告をしてた

コメントにイタズラ書きしたくてウズウズが止まらないけど神聖な投稿だから我慢我慢

 

「結婚とはある偶然の出来事を無理矢理継続させようとする愚かな試みである」by アインシュタイン

 

 

もう1人のチームメイト中島さんがサハラマラソンを棄権した。。

チーン

チームエントリーが破棄になった

チーン

 

image

 

50歳のおじさんなのにプリプリした素敵なお尻だけを追っかけてこの3年間やってきたのに追いかける気持ちが折れた…

 

サハラ砂漠で食料盗む相手が1人減った

 

思うところは多々あるが残念だが今は人の心配してる余裕はない自分の心配だけしよう

それだけスタートに立つのも大変なレースだということ

やれる事に感謝

 

 

サハラにも向けて通い始めたEnglish教室

やっと

「I’m from JAPAN」

を言えるようになった

行くまでに、

「僕はクズだ」を覚えておこう。。

 

 

さくら咲き誇る来週出発

 

心の気持ち「どうかISに捕まっても僕より青木君の方が美味しそうに見えますように」

 

2016.3 長栄潔

 

コメントする