〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

吐噶喇から大都会に帰国

船の上と無人島みたいな島で7日間過ごしてその間に会った人数10人いかないかも

 

東京で渋谷を歩いていれば何百何千とすれ違いけどこんなに人と会わないこともそうそうない

 

屋久島に戻ってきただけで一瞬挙動不審に陥る

 

 

これ羽田に着いたら終わるな

 

 

しかし最近欲しいものが変わったものだと自分でもつくづく感じる

 

20代あんなに欲しかった

車、ブランド品、豪遊、

そんな目に見える物がとてもくだらないものに見えてしまって

今、欲しいのは

家族の時間であり、会社の子の満足であり、トライアスロンで速く走る事、であったり

 

なによりも大きな違いは目に見えるくだらないものから目に見えない大切にものに変わった気がする

 

 

まさか35歳でその境地にたどり着くとは思わなかったからその準備もしてないし自分でも戸惑うかも嫌じゃない

 

 

 

死ぬまでにやりたい事は沢山あって

 

世界最高峰エベレスト登頂

四国八十八ヶ所巡礼 徒歩

IRONMANチャンピオンシップ

アフリカの紛争地帯にも行ってなにかしたいとニュースを見るたび本気で思う

 

だけど上のどれもが今の僕の生活の中で、

「さぁ来年やろう」

とはいかないものばかりで

 

それなりに僕にもやらなくてはいけない事が沢山ある責任ある立場だから

 

いま真っ先にやれそうなもの探したら

 

来年に向けて

 

もう一度インドのガンジス川に行きたい

屋久島の宮之浦岳を登りたい

 

そんな事がこの1週間で出てきた

 

 

上の2つならできそうだ

 

 

屋久島はいいところだった

その山々を駆け上りたい

 

インドのガンジス川をもう一度本気で行きたい

 

 

いやどちらも行く

 

 

行きたい人いたら一緒に行きましょう^_^

 

 

 

そんな事を思いながら

東京に帰国のフライト待ち

 

 

にしても欲しいものやりたい事が変わったなぁ〜

 

 

派手な豪遊や高級車を見てもまるでワクワクしなくなっちまった

 

それよりお遍路の白装束見た方がワクワクする

登りたくなるような山を見たときの方がドキドキする

 

 

なにがそうさせたのかわからないけどそんな自分で嫌いじゃない

 

 

 

 

数万円のコースのスープより

船の上で獲った魚の味噌汁は至福の味だった

 

 

image

 

 

 

しかし、トカラ列島で虫に刺されて仲間が行った病院は名前がすごい

そもそもへき地なのにへき地診療所って

 

image

 

 

 

嵐になって避難した島の民宿は最強だった

蜘蛛ゴキブリは当たり前

通された部屋が仏壇の前

 

image

 

今まで泊まった宿でインドが最強だと思ってたけどここのが抜いたね

誰かが言った

「これなら雨でも外のがいい」

 

4.50過ぎた会社の会長達が手のひらサイズの蜘蛛が出て大騒ぎしたり

船長はイビキがうるさいから隣で寝るのやだと子供のように布団の位置を取り合ってるのにはほんとにウケた

 

 

ファーフトクラスで行く贅沢リゾートはないけど最高の旅であり

 

また僕の人生の糧が1つ増えた

 

人の器が大きくなるのはこんな時だ

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

2016.7 長榮潔

コメントする