〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

1992年〜

1992年僕らの世代の曲は小室ファミリーだった

 

globeが街中で流れ

TRFが踊り

アムラーが街に現れる頃

僕は特に流行りに乗らずにいた

 

尾崎豊や長渕剛の歌の方がよっぽど僕には響いて

 

クラブに行っても楽しめなかった

 

 

 

ちょっと待て…

 

昨日まで自分がそんな15歳だと思ってたが

 

あれから25年経ったってことか?

 

 

 

 

 

 

安室ちゃんを素敵だと思った事はただの一度もないけれど

少なくても僕らの世代だった

 

そんな彼女が引退する事にはなんら興味もなければどうも思わないが

 

 

安室ちゃんが現れてから

 

もう25年も経ったのか?

 

 

まだ自分がそもそも25歳にはなってないと思ってた

 

参ったな

 

この調子だと

 

人生はあっという間に終わっちまう

 

 

もう少し真剣に楽しんで生きなきゃ

 

やりたい事もやれないまま人生が終わるのだけはゴメンだ

 

 

尾崎豊の曲にこんな歌詞があった

 

サラリーマンにはなりたかねぇ

朝夕のラッシュアワー酒浸りの中年達

 

 

気づけば今日も終電

 

 

 

 

 

 

まるでサラリーマンだw

 

 

だけど彼が言ったほど悪くないぞ

それなりに楽しい事も辛い事もあって

少なくても20代より楽しい30代を過ごしてる

てことは40代はもっと楽しいはず

 

 

人生は泣きながら産まれて笑って死ぬのだ

 

 

どんどん楽しくならなきゃ割に合わない

 

 

さぁ明日も朝から忙しいから

 

いい夢見よう

 

永遠に

 

 

2017.11.14 長栄潔

 

コメントする