〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

勝手に箱根駅伝

進化なくして明日はない 停滞は後退だ ボクにはなんの才能もなかった だけど努力を続ける才能はあった

大好きなサッカーの長友選手の言葉だ

 

世の中には効率よくやろうとか無駄なく生きようとする人がたくさんいてそういう人たちを本当に頭いいなぁと尊敬はするけど

ボクにはそういう生き方はできないし向いてないとつくづく思ってる

 

ボクの人生はいつも失敗の連続と上手くいかないことだらけで

少なからず幼い頃から優秀ではなかったし

クソガキ仲間と一緒に幼稚園児にして近所の神社の賽銭盗んだガチャガチャやってる罰当たりでズルい人間だった

 

そんなボクが30年近く生きてきたそういう真っ当じゃない人生をどこで間違えたか少しづつでも贖罪して真っ当に生きようと思ったのは間違いなく

10年前の飲食との出会いと

8年前の走ることとの出会いに

ほかならない

しかしここ数年ボクの中での限界なのか壁にぶつかっていた

飲食は自分のやりたかった事と違う方向に行ってしまっていたし

走ることは達成できないことばかりになってしまっていたし

 

この辺がボクの限界なのかなと思っていた。

 

だからボクにとって飲食で焼肉屋の新業態をつくることと

年内に国内最後の走るイベントを企画することは

 

どうしてもやり遂げたいことであった

 

勝手に箱根駅伝往復220km

そしてやろうと思ったのがこの企画だった

ボクは横浜マラソンが台風で中止になり

FTRが土砂崩れで中止になり

後者に関しては1ヶ月以上も前であるにも関わらずエントリー費用を全額返してこないことにウンザリしていた

横浜マラソンにしても莫大な利益があるはずだ

だとしたらやってもやらなくてもその利益は発生する。なのになぜ買った商品を受け取れていないお客さんだけが損をしなくてはならないのだ

それは今回は全く関係ない話し

 

だからボクは大会という理不尽な金儲けな嫌気がさしていた

それなら自分でやればよくない?

そして企画したのがこの年の瀬押し迫る頃に新年の箱根駅伝を100倍楽しく見る企画

『勝手に箱根駅伝往復220km』

 

仲間達

こんなバカな企画この年末忙しい中誰もやらないだろうなと思った

そして仲間を募った

そしたらバカな大の大人が3人も集まった

アホや

 

紹介しよう

エントリーNo.1雄介さん

大江戸小江戸230km
津軽陸奥240km
UTMB2019
信越五岳mile2019
上州武尊2018
2度のサイラー

 

エントリーNo.2

大江戸小江戸200km
さくらみち250km
スパルタスロン

 

基本はこの3人だったのだがもう1人参加が増えて

 

エントリーNo.3ニノさん

レユニオン100mile
スパルタスロン

 

 

そしてボク

彩の国DNF
湘南OWS10km DNF
ツールド沖縄210DNF

 

そしてこの4人が全てサハラ砂漠マラソンで知り合ったってのがなんとも楽しい

そして見ての通りみんな優秀なのにボクの経歴だけ全部DNF

 

応援に来てくれた仲間

 

1人目

本物箱根駅伝ランナーw
2011年駅伝三冠
箱根駅伝
出雲駅伝
全日本駅伝

当時最強だった早稲田大学の三冠メンバーの三田くん。

強い人は優しい。

朝わざわざ応援に駆けつけてくれました。

足が速いだけに帰るのも早かったけどw

ちなみにこの時の1区が大迫くん

今度会わせてくれないかなw

 

 

2人目 ㍿ゴキゲンファミリー専務

IRONMAN Cairns完走

走るのが嫌いでボクに触発されてIRONMANまではやったけどそれ以降ボクがやり過ぎてついて来れなくなったw

そんな専務が1㎞しかもう走れないと言って来てくれてたまたまバイパス横で出れなくなって5㎞走るハメに

おかげでボクはワープした気持ちだ

 

3.4人目 ジョージと筒井くん

サプスリーランナー
富士五湖118km

いまは停滞しているチームゴキゲン鳥の2人が駆け付けてくれた

モウボクツイテイケナイヨ

 

 

5人目 碓井のおじいちゃん

写真がないから出会った日の写真w

オキサバ完走

 

たくさんの一緒に走ってくれた仲間

たくさんの応援してくれた仲間

 

220kmも走り続けてるとほぼ楽しみなんてなくなる

だけど次の中継地点で待ってるよの言葉は

何よりも嬉しかった

 

まとめ

今回のまとめは特に走ってるときのことはナシ

なぜなら上に書いた『仲間』が全てだから

最近はITが進みAIとかいうよくわからない言葉もでてきたり

仕事も効率よくやるにはそれぞれが得意な分野要領良くやってそのほとんどをロボットにでも任せたほうがよほどいいのだろう

 

だけれどボクは人生ってそういうものじゃないと思うんだ

 

一緒に苦楽を共にして

時にケンカして

達成も失敗も味わって

それを共感したりできる『仲間』がいるから人生は楽しい

 

ボクは先にも書いた通り

幼い頃からロクデモナイ人生を歩んできて

高校も出てなければ大学なんてとんでもない

 

箱根駅伝の子達を見て毎年

ボクは同じ歳の時に何をやってたんだろうと考えさせられる

 

だけど一つだけ自慢ができるとしたら

ボクの周りにはいつも輝かしい仲間がいた

 

それは神社の賽銭盗んでる時も

10代の頃の悪友も

会社の仲間も

トライアスロンの仲間も

こうして走る仲間も

 

ボクは学校で勉強をしてこなかったけど

仲間と今もこうして人生の勉強をさせてもらい続けてる

 

幼い頃の仲間とは会社も一緒にやったりして

上手くいかなかった奴もいるけど

それも含めて友達だ

 

最近またこんな事を聞かれた

「社長は嫌いな人はいないんですか?」

よくされるこの質問に即答できる

 

いない

 

綺麗事とかじゃなくて

ボク以外の全ての人の方が優れていて

それが仲間であれ従業員であれ

尊敬しかない

 

またボクにとって害を及ぼす人も含めてボクの人生に忠告をしてくれている必要な人なのだと思う

 

 

ボクは弱い

だけどもっと強く優しくなりたい

今回走ってる中でも何度も何度も

なんで雄介さんはこんなに優しいのだろうと思った。

だけどボクも220km箱根往復走れたら

昨日よりはほんの少しだけでも強くて優しい人間になれるかなって本気で信じて

 

歩みを止めなかった

 

往路の90kmまでは楽チンだったけど

箱根路を越えるところから一気にヤバくなって

次の日はやめたい気持ちさえ何度も生まれた

 

遠く離れたもう1人のサハラランナーのチモリンが煽るから辞めるに辞められなかった

 

もしかしたらボクはこの人に侮辱されるのが嫌なだけで最後まで走れたのかも

 

 

夜明け前にスタートをして焼肉屋の営業から前泊してたホテルに

「ちょっと走ってきます」

と荷物を預けて24時間以上

 

 

ボクらは多くの仲間に支えられて東京まで帰ってきました。

 

 

多くの仲間に支えられてこんなに増えてw

 

 

8年前小田原から88km走ると言って

とても走っているとは程遠い走りになって

最後は歩くことすらできなくなって這いつくばってゴールしたボクは

8年後

130㎞の後でも

1度も歩くことなく走って帰って来れました

 

 

 

ありきたりだけど

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も

成らぬは人の為さぬなりけり

 

また次の一歩へ

 

 

ちなみにボクの今回のMVPは

星野さんが休憩中にアイドルとチャットやってるのを横目で早く出たい雄介さん

 

 

 

いいなぁこの2人と一緒ならどこまででも走れそうだ

こっちはとっくにいっぱいいっぱいなのにアイドルとチャットやりながらとこの余裕

やってられないぜw

 

そして4人目の完走者ニノさん

途中自宅の近辺を通り過ぎたらしいのだが僕なら間違いなく帰ってたw

 

 

ありがとうみんなありがとう

今はただそれだけです。

コメントする