〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

LAST SUNDAY

春は別れの季節か出会いの桜か.

 

サハラ砂漠出発を3日後に控えて

 

Last Sunday

 

昨日からやっとパッキングを終えて改めてサハラマラソンの大変さを思い知る

 

サハラマラソンの説明書(レギュレーション)を読んでたら

「死亡した場合、遺体を運ぶのに1500ユーローかかります」

とサラッと書いてあってちょっと引くとともに、はじめてこの挑戦に対して恐怖を感じた

 

バックパック完了

image

 

やっとバックパックを10㎏以内で収めてなんとか完了

 

レースではなく準備が大変.com

 

この時の僕はまだ来週からはじまる地獄のレースがどれだけ大変か知る由もなし

 

最後の日曜日を家族でお花見🌸

 

平和だ…ほんとに平和だ

 

 

 

image

 

 

朝から妻がお弁当を作ってくれて

恒例の砧公園でお花見

なぜ砧公園か…

 

 

30分時間をもらって僕は抜け出しスイムの練習をしたいからなう

 

 

しかし、来週は灼熱の砂漠の真ん中にいるとは思えないほど平和だ

 

なのになぜ僕はその平和を投げ出して砂漠に行ったり過酷な道を選ぶのか

 

それはまるで平和で幸せである事が安心できないかのように。

 

自分でもわからない

 

でも昔から安泰や平和とは無縁の人生を歩んできた

 

なぜか平和や幸せでいると罪悪感すら感じてしまう

 

そんな平穏から逃れる為に過酷な道を選ぶようになった

 

 

思えば20年前

 

4月の桜の季節は僕にとって毎年別れの季節だった

10代悪さばかりしては警察の厄介になり10代後半1年以上外に入れた事なんてなかった

 

鑑別所4回少年院1回

なぜか毎年春になると捕まった

 

その為、桜は僕にとっていつも儚く別れの花だった

 

桜を見る度に思った

 

なんでこんなに世界は綺麗で美しくて輝いているのに僕はいつもそれ以上を望んで

 

当たり前の普通の大切を失う

 

 

朝起きて大好きな家族がいて、ご飯が食べれて、全部は思い通りにいかないけどそれなりに上手くいっていてそれでいいじゃないか

 

なのに僕の中のモンスターは更なる欲を求めて

 

「それ以上」

を望む.

 

 

image

 

 

 

無事に帰ってこようこの素敵な家族の為にも

 

 

image

桜はこんなに綺麗なのに僕はまた子供の入学式も放り出して刺激を求めてしまう

 

今度生まれ変わったらきっと家族を1番に考えられる男になろうと叶わない誓いをして

 

 

2016.4.3 長栄潔

 

コメントする