〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

大切な事は挑戦する事 そして諦めない事


マイッタ!!

 

人生にギブアップがあるなら既にしたい3日目w

 

昨日の4歳の息子に刺激を受けて

「やる」と決め

 

12月から先月ほど忙しくならなそうなシフトで安心してたらまさかの今度はランチの子が入院して僕がランチも出なきゃいけなくなったw

 

そしたら格闘家の子だったから強いのか週末に退院して月曜から働くとのことでなんとかランチは回避w

 

いくら社長は労働基準法がないからと最近人使いが荒い気がするナウ

 

とりあえず午前中急遽空いたので昨日のコースを単独で再確認

 

気持ちよく毎日続けられるか確認

 

 

とりあえず僕のバカな頭でも30日で1000㎞RUNで走るには1日33.3333㎞ぐらい走らなきゃいけないのかなとてきとうな計算してみて

 

丁度、うちから羽田空港往復が30㎞ぐらいだからこのコースを基本に持ってこようと決めて

 

僕の中で絶対的な自分ルールは仕事に影響させないだから

 

今の自分のルーティンの中でどこでどのくらい時間を作れるか試行錯誤してみる

 

夜、お店がある日は午前中が空く

朝、会社に行く日は早朝5:00am〜

 

大きく分けたらこの2パターン

 

それを視野に入れて今朝は昨日と同じコースを羽田鳥居で折り返し⛩

 

 

 

ダメだ軽く気持ちよくじゃ2時間は切れないそこそこ必至に走らなきゃ

 

 

 

しかも30㎞ないし…昨日は息子があちこち回避したから32㎞もあったけど砂利も含めてひたすら真っ直ぐじゃ30㎞ない

 

 

しかもこんなの毎日朝飯前に無理w

 

マイッタなぁ〜どうしよう〜

 

なにか作戦を考えなくてわ

 

 

 

それにも加えて1ヶ月で1000㎞走るのは並大抵の努力じゃできないかもしかも仕事しながら

 

こういう事に挑戦するとよく言われるのが

 

「ケガしないの?」

 

僕の意見はしない保証なんてないけど

 

「車なんか乗って事故に合わないの?」

 

って言ってんのと同じだ。

 

それに

 

正しく走ればケガはしない

 

 

僕はそう思ってる.

 

正しくとは

ちゃんとストレッチと準備運動をしたり

正しい姿勢で走ったり

 

僕はトレーナーではないからその全てはわからない

わからないけど

 

ケガにも病気にも必ず原因はある

 

そしてその大半は先天的なものを抜かして

 

自分に原因があると思う

 

適切な食事をしないで育ってきたり

適切な体重で走ってなかったり

 

身体の要素を作る80%以上は食事だ

それを何十年も不適切にしてきて病気にならないわけがない

 

自分の身長の適切な体重をオーバーしてて脚を壊さないはずがない

 

身体が傾いて走ってればどこが痛くなる

 

「痛み」は全て身体の注意信号だ

 

それらの声に耳を傾けて修正すれば

 

月に何㎞走ったって壊れないんじゃないかな

 

僕はトレーナーじゃないから保証なんてないけどねw

 

 

それでもどこかおかしくなればそれはまだどこかが悪い証拠

 

そしたらまた正してみればいい

 

僕もそうやってケガしたこともあって正してきた

 

ヨガを続けてるのは特にそれらの注意信号に耳を傾けて正せるようにするため

 

 

だけど最後の最後の覚悟は

もしも今月で脚が壊れて一生走れなくなっても後悔しない

 

そういう覚悟で毎回走ってる

 

僕はプロアスリートみたくこれだけで食ってるわけじゃない

 

もしも走れなくなっても明日から食えなくなるわけじゃない

 

走れなくなったらそれもまた自分の運命で必然な事

 

そしてそれもまた何かに出会う為に必然な事

 

人生の苦難なんてそんなものだ.

 

 

なにより嫌なのは挑戦すらしない人生

 

楽なことだけしてる人生

 

決めたことをやらない人生

 

そういう大人があまりにも現代は多過ぎて地球史上最大のぬるま湯状態だと思う

 

特に日本は

 

人生には刺激と過度の苦難が必要なのだよ

 

楽しさとデザートを食べる為には

 

 

苦なくして楽はない

 

 

やると決めた事をやり切る姿を昨日4歳の息子に教えられちまった

 

途中で届かなくても諦められねぇ

 

 

 

会社終わった子がプール練したいと言うからプールで待ち合わせもちろんぼくはRUN 笑

 

1㎞でも多く稼ぐ

あとでこの1㎞が積み重なってひびいてくる

 

 

 

 

 

 

 

TODAY  34㎞

85.6/1000㎞ 3/30日

 

2017.12.4 長栄潔

コメントする