〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

UTMB 2日前 『仲間のスタート』

 

僕が『UTMB』を知ったのはたった2年前だ

2016年に世界一過酷だと言われたサハラ砂漠マラソンに参加した時に教えてもらった

世界一過酷だと思っていたはずのサハラマラソンなんて過酷なレースの中ではかなり下位だった

世界中ではもっと過酷なレースは沢山あって

当たり前だが世界には上があると思った

 

しかしその過酷の定義も自分次第だ

 

フルマラソンでも自分にとって120%の力でずっと走れば当然過酷な数時間になる

逆にサハラ砂漠マラソンでも自分の力を抑えてあくまでも完走目的で行けばそれなりに過酷さは抑えられる

 

じゃあ僕がなぜ今、100mileのウルトラトレイルにこだわっているのか

 

100㎞ウルトラマラソンも

トライアスロンIRONMANレースも

サハラ砂漠マラソンも

 

あくまでも完走だけなら自分の力を100%出し切らなくてもそれなりの力だけで完走できてしまった

 

だけれど100mileウルトラトレイルだけは違った

 

自分の持てる力を100%出し切っても届かなかったどころかフィジカルとメンタルと賢さの全てを注いで120%出さないと完走できないことがわかってしまったのだ

 

まさかあの時のサハラマラソンの出会いが一緒に行った青木くんよりも深い仲になるとは当然考えてもいなかった

むしろ僕は20代仕事でなによりも出会いと付き合いを優先してきて

もう知り合わなくていいと思うほど人と知り合った。

今は少し静かに今ある人との絆を大切にしたいのだ

 

しかしそんなサハラマラソンで

こんな生き方や挑戦して素敵だなと

こんな優しい人に自分もなりたいなと

心から思う人達に出会った

 

もしかしたらあのサハラマラソンは僕の人生にとって人生の小さなピースの1つであったがかなり重要なピースだったのかもしれない

 

 

そしてあれから何年かかるのかと覚悟していた

フランス🇫🇷 イタリア🇮🇹 スイス🇨🇭

をまたいでモンブランを170㎞走破するレース

UTMB®︎ Ultra-Trail du Mont-Blancに

たった2年で来れたことの全ての偶然と必然に感謝する

 

僕だってこの2年で挫折しそうになったこともなく全てが順風満帆に来れたわけじゃない

仕事でも家庭でもプライベートでも

沢山の嫌なこと投げ出したくなることがあった

 

だけど必至に前だけ向いて走ってきた

 

だから今この地にいれる

 

 

 

 

 

あと2日

やれる事は全てやった

I don’t have Excuse.

あとはレースでやれることを全てやるだけ

 

今回のレースにサハラの同期の仲間が5人も出てる

モロッコの砂漠の真ん中で知り合った仲間に

フランスの最高峰のど真ん中でまた会えてる

そんな事にただただ感動

先立って距離の違うレースに相部屋の2人が出場してます

 

 

 

 

 

スタート地点のイタリアまで見送った後

昼寝しようと思ったらそこから10時間も寝てたw

 

おはようございますまだこっちは夜中です。

 

 

 

コメントする