〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

仕事を本気ですれば必ず痩せる

 

従業員と近くなり過ぎる事は経営者にとって傷つくリスクとなる。だから大抵の経営者は企業して数年すると従業員と距離を取り始める

 

あなたは傷つく覚悟があって経営者をしているか?

 

 

先日は朝から晩まで会議で仕事が終わったら従業員に相談があると飯に誘われ気づけば12時間以上会社近辺

数年前までそんな事は当たり前だったが

今は仕事だけの人生を望んでいないのでこういう日は珍しい

とは言え飲食店を新規出店するとか海外展開が始まれば否が応でも日々の中心は仕事になるだろう

 

最近そんな時に1番楽しい事はそんな大変を一緒に乗り越えられた従業員と関係だ

何度傷ついてもやっぱりまた愛してしまう

それが社長と従業員の宿命なのかもしれない

 

 

そんな仕事DAYの昨日だが新規事業の焼肉屋の話を聞けるのは1つの楽しみだ

 

3ヶ月前に他の会社から初めて買収して始めた焼肉事業

僕は担当の専務に言った

「何も手伝わないよ。それでもいいなら買う」

 

とは言えいざとならったら出る覚悟ぐらい当然あった。

だけどあれから3ヶ月…

専務だから労働基準法関係ですよね?と言う本人に任せて残業も付かないのに月に200時間シフトを入れていたのを見て

「まぁ入れたけどどうせ半分くらいしか出ないだろうとタカをくくった」

しかしフタを開けてみれば本当に200時間出てる

 

こんな事ならちゃんと170時間に収めさせれば良かった

飲食店からしたら月に200時間?普通でしょ

と思うかもしれないが㍿ゴキゲンファミリーでは社員役員も含めて基本残業無しなので「普通」は170時間(週40時間)なのだ

だから専務の200時間はダントツ働き過ぎ

管理職だから残業して良いという矛盾は一切受け付けない

もちろんこれでサービス残業もないと断固として言える

 

結局1度も助けてくれとは言わずに

しっかり売上目標も僕の予想以上に達成して

中身もついてきて

文句の付け所もない

しかも美味い

 

なのに僕が大成功だな!って言ったら

専務「僕の売上目標はあと100万プラスなので目標達成は出来てません」

 

マジか…負けたよ

 

そんな専務去年から公言してるダイエットも失敗し続けてたのに焼肉屋2ヶ月で10㎏減量成功

 

やっぱり必死に生きてる人間は絶対に太らないこれだけは言える。

 

 

僕ももうちょい仕事頑張ろ…(-。-;

 

 

 

そんな『焼肉屋いち』調布で絶賛オープン中!!

 

予約は僕まででもお店にでもなんでもかまいません美味しい保証は僕がします!!

 

 


 

 

何が1番嬉しかったって

バイトの子が「店長が前と別人みたいです」と言ってくれたとのこと。

 

良いお店になってる証拠だ^_^

本当に美味しいよ

コメントする