〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

ずっと分かってた事

2年前現場を離れて

 

究極の焼き鳥家 ゴキゲン鳥 を下北沢に7年前オープンして

 

寝ないで働いて

 

必死に立ち上げて

 

ただただ繁盛した店を創りたくて

 

良いお店を創りたくて

 

その一心だけで後ろも振り返らずに5年間前しか見なかった

 

そんで振り返って見たら

沢山の仲間も失って

自分の創りたかった店ともかけ離れて

終いには1番思い入れのあった下北沢本店を賃貸契約の都合も有りはしたが閉店しなきゃいけなくなって

 

沢山の人を踏み台に5年間突っ走って

沢山のものを犠牲にしたけど

 

 

僕の心もボロボロだった

 

 

僕が描いてた

 

本当に美味しい食事を出して

楽しく仲間と働いて

大切な人が来てくれて

最高の家族を創る

 

そんな念いは脆くも崩れかけた

 

 

それでも必死に

ギリギリのところで

誰かが辞めても僕だけは辞めちゃいけないと

崖から落ちそうな所で踏み止まってた

 

 

もしも全員が諦めても

例えアルバイトの最後の1人でも残ってる限り僕は諦めないと誓った

 

そして

僕は5年前にゴキゲン鳥を立ち上げた時のように

 

必死に寝ないで朝から晩まで働いて

休みもなくて

過酷な労働で

 

だけど飲食は素晴らしい商売だから

 

「夢を持って一緒に頑張ろうよ」

 

そんな綺麗事は糞食らえだと思った

 

もっとそんな上っ面の綺麗事じゃなく

根本的な中身から改善しなきゃこれからの時代は生き残っていけないと感じて

 

この2年間

現場を離れて

抜本的な改善を行ってきた

 

そしてやっと

根本的な労働基準法を遵守して回るようになってきたこの頃

 

次のステップへ進める光が見えて来た

 

 

2年間ゴキゲン鳥の飲食の現場を離れてた理由はそんな事もあったけど

それ以外にもそんな風に何かが上手くいかない時は続くもので、5年前に飲食を始めるために離れた会社もボロボロになって潰れそうで今度は僕がそっちに入らなきゃいけなくなって

 

約2年近く

ゴキゲン鳥の現場を離れて

なんとか潰れそうだった会社も持ち直して

 

はじめの頃はこんな事、こんな所で足踏みしてる場合じゃないと思ってたけど

 

 

2年前の飲食でズタボロにされた僕にはちょうど良かったのかもしれない

 

多分あの時ぼくが必死にゴキゲン鳥を創った時みたいに我武者羅にやってももっと潰れる人間を出すだけだったと思う

 

結局は後からだから言える事だが

 

人生は起きて見た事が最良の結果だったりする

 

 

そしてやっと念願だった

ゴキゲン鳥の海外出店へ向けて

次の一歩を踏み出せる所まで来た

 

 

昨日からはその模索もあって

カリフォルニアに来てる

 

本当に美味しい飲食の海外出店は長年の夢の1つでもある

 

その為に仲間も増えて

スタートする準備は整った

 

 

だけれど

 

その前に

 

1つだけやらなきゃならない事がある

 

 

国内のゴキゲン鳥をもう一度中身から見直し

 

本当に美味しい食事を焼き鳥を大切な人に食べてもらい

尚且つそこで働く者を充実させる

 

 

その為にゴキゲン鳥の現場に立ちもう一度ファミリーと働く

 

2年間ずっとやらなきゃいけないけど他にもやらなきゃいけない事もあると自分に言って

 

本当は逃げていたのかもしれない

 

あの5年間必死にやってきた結果が悪夢だった思いを2度と味わいたくなくて

 

適度な距離感で

安全な所から

なるべく当たり障りないように

傷つかないように

保ってきたこの温度差を

 

 

傷つくのも傷つけるのも覚悟でもう一度やらなきゃいけない

 

失って1店舗の復活も含めて

それが海外出店の前に僕が最後に国内でやらなきゃいけない大切な仕事

 

いまさら現場の仕事は僕なんかよりこの2年間一生懸命働いてくれてた仲間の方ができるに決まってる

だけれど

僕の仕事は現場で一緒に働き

「創業者の念いを伝える事」

 

そしてなるべく最良の状態で次のステップ海外出店に行く事が

 

僕が

ゴキゲン鳥の社長としてできる国内最後の仕事だ

 

ずっと葛藤してきた

海外出店は「逃げ」じゃない「攻め」だと言うことを証明する為にも

 

残す者のために僕の持てる最大限を残して行く

 

 

カリフォルニアから帰ったら

10月から

『ゴキゲン鳥 恵比寿店』

でもう一度焼き鳥を焼く所からはじめます

 

月曜日〜金曜日まで全部います

 

1ヶ月になるのか3ヶ月になるのか半年になるのかそれとも離れられなくなるのかはわかりません

 

国内のゴキゲン鳥が自分の納得の行く形になるまで立ちます

 

 

あの焼き台の前にまた立てることは

 

嬉しくもあり

不安でもあり

楽しみでもあり

怖くもあり

 

なんせワクワクしてます

 

僕だってこの数年間誰よりも自分を律して生きてきたつもり

 

国内の飲食も

海外の出店も

 

必ず全部やりきってやる!!

 

 

 

 

 

 

 

2017.9.24 長栄潔

 

コメントする