〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

Happy クリスマスイブ

人生には

諦めたり 辞めたり 投げ出した方が

楽な事が沢山ある

 

仕事や

人間関係や

 

僕にとっての

【12月1000㎞走る】

9日残してあと500㎞の時点で

どう考えてもギブアップした方が楽だった

 

西表島で4日間も暴風雨だから

付き合いで忘年会だらけだから

お店に出ながら走れないから

 

 

必死に辞める理由探したそのどれもが

 

全部できない言い訳でしかなくて

 

 

諦めようとするたび諦めたくなくて

 

またいつかの自分に戻るのだけは嫌で

 

結局昨日からまた走り始めて

 

なんとか15時間つくって

 

130㎞

 

 

なんとかしがみついて

 

断崖の絶壁の1番下の岩に手をかけた

 

ここから上まで登るのすら途方もなくて

 

まるで見えないけど

 

たとえ上まで這い上がれなくても

 

下の方で諦めるクズにはなりたくない

 

 

あの頃みたいに…

 

 

15歳の12/24はディズニーランドのトイレでS◯Xしてた

 

10代のクリスマスはサンタの格好してバイクに乗ってたし

 

20代はキャバクラでサンタ来て誰が飲んだかもわかんないシャンパンの金払ってたな

 

 

箱根駅伝走ってる大学生が必死に20歳そこそこで努力してる頃

僕は成人式に紫のスーツ着てリーゼントの親友(えび)と呑んだくれて、駅で知らない成人式の不良と喧嘩になって自分の手が折れるまで相手の顔面殴ってた

 

いまトライアスロンやったり走ってる人たちとはまるで違うかけ離れた人生を歩んできて

 

これでもかと自分を甘やかして

 

少しでも楽な道を探して生きてきた

 

 

我ながら情けなくて泣けてくる

 

 

だから大人になってもそんな人たちとは

 

意志の強さも人間性も根っこから違い過ぎて

 

僕なんかが頑張っても勝てるはずもない

 

 

だけれどたとえ勝てなくても達成できなくても

 

諦めるのだけは嫌だ

 

ここでまた諦めたら

 

またあの頃の自分に戻ってしまいそうで

 

 

今年で37歳

 

走り始めて5年くらいかなちょうど

 

中学の時教育実習の先生と付き合って初めて彼女ができてサッカー部辞めてから

 

失われた20年間

 

めんどくさいこと

疲れること

大変なこと

やりたくないこと

 

そんな事は全部あきらめて逃げて来て

 

楽しいこと

やりたいこと

楽なことばかりやってきた

 

 

そしたらロクでもない30歳になってた

 

 

自分で車の運転はできない

週5で叙々苑

月30日キャバクラ

 

 

あの時の毎日は楽しいと思ってたけど

 

なにも頑張ってない達成感ゼロの毎日だった

 

 

いまはあの頃に比べて大変なことも多いけど

 

 

あの頃より

 

 

生きてる心地がする

 

 

だからもう二度とあの頃の自分に戻らない為にも

 

やると決めた事を諦めずに強い意志でやり通す自分でいたい

 

走る事も

仕事も

禁煙も

 

なんでもいい

 

みんなそれぞれ自分に一度はやると決めた事を持っている大なり小なり

 

大切なのはなにかじゃなく

 

自分で一度やると決めた事をやり通す事

 

 

僕は走る事でそんな事を教わった

 

 

少なくとも5年前1㎞走れなかった自分はもういない

 

 

まだまだ先は見えないけど

 

やれるだけやるただそれだけ

 

 

 

 

 

Happy Xmas🎄

 

 

あと360㎞ あと7日

 

 

 

 

 

2017.12.24 長栄潔

コメントする