〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

携帯電話手放して5日目

先日、知人がブータンのウルトラレースに参加して日本人で優勝してきました!

ウルトラレースに参加しているのに走るのが嫌いな人でしたがここ一年で少しづつ歩くのではなく走り始めついには日本人で優勝!!

てことで勝手に写真を使わせてもらいます

クレームは受け付けません(笑)

 

馬鹿にしてないですが何度見ても笑っ…

 

それはさて置き彼が走った国『ブータン』は世界一幸福度の高い国でも有名でしたね

レース中は彼の走りに夢中になりそんなことも忘れていました。

ちなみに世界一幸福って何だよ?と思いますが

GNP(国民総生産)ではなくGNH(国民幸福量)を大切にしている国とのことです。

ブータンについての簡単な説明は下記リンクより↓

https://www.wbf.co.jp/bhutan/info/hapiness.php

行って見たいですね!

近年まで鎖国をしていて他国との国交がほとんどなかったブータンではあまり文明が入って来なかったそうです。

ちなみに僕はこの近代国家日本で

  1. テレビ
  2. 携帯電話

の三大煩悩文明を捨てました(車は電気自動車が一応あるけどほぼ乗りません)

 

何よりも捨てるか悩んだのはやはり最後の携帯電話

しかし言ったからにはやらないと気がすまないので公言通り5月でポイしました

 

それから⑤日が経過して変わったこと

 

  1. 常にポケットが一つカラ
  2. 本が進むようになった(1日半冊ペース)
  3. 無駄な「ながらスマホ」の時間がなくなった
  4. 時間に追われてない
  5. 1日を計画的に過ごせる

 

そして何よりも一番大きな変化を感じたのは

その時その場に一緒にいる人との時間を大切にできる

僕らはこれまでどれだけ誰かといても携帯を気にして時には一緒にいる人とは違う人のことを考えたり心配したり連絡が来ないことに不安になっていたのだろう

携帯電話がなくなったことでそもそも連絡を待つ必要がないので連絡が来ないことを気にする必要がない

一緒にいる人との空間を時間をとにかく過ごせる

これが何よりも大きい違いな気がしてます

 

また、外にいる時には一切離れた人と連絡が取れないのでそれを「不便」と捉えることが心配でしたがそもそも連絡できないのをわかっているので、朝の時点てある程度の予定とスケジュールを立ててその通りに動かないと行方不明になるのでむしろしっかりとスケジュールを立てれるようになった

 

今のところまだ5日目ですが携帯電話を捨ててメリットのが大き過ぎる気がしてます

 

 

家族といる時は家族との時間を大切にする

仕事の時は仕事に没頭する

トレーニングの時はトレーニングに集中する

遊ぶ時はとことん遊ぶ

 

携帯電話がないおかげてその場のことにしっかり夢中になれている気がする

 

 

僕らはとても便利そうに見えて本当はとても不便なものを背負っていた気がして止まない。

 

ちなみに世界一幸福な国ブータンではここ数年で外界から突然携帯電話が普及して

インターネットを通じて突然自分達以外の世界を見たブータンの人達は

「本当は自分達は何も持っていなくて何も手に入らなくて幸せではなかった」と思い始めてしまっているらしいです

 

本当の幸せは周りと比べるものではなくて自分の心が決めるものなのに

 

携帯電話は魔物だ

 

 

携帯電話やめますか?それとも人間やめますか?

 

 

コメントする