〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

奇跡の日曜日

 

バタバタな1週間を終え

 

週末土日

 

土曜日皇居で駅伝大会のために

 

平日ニワトリ君で朝から多摩川近辺を朝RUNしてきた

 

 

 

それなりに恥ずかしい思いをしてきたのにまさかの本番皇居で着ぐるみ禁止

チーン

 

ニワトリのなにがいけないんだ(T_T)

 

夜、チームの先輩に焼肉をご馳走になる

美味い♡

しかし、今日朝から鎌倉でトレランなのにそこそこ飲んでしまって朝ちょっと具合が悪い

 

今日は僕の今年のトレラン人生に重要な1日になるかもしれない期待があったから頑張って起きて鎌倉に向かう

 

 

4年前にIRONMANを目指した時に初めてカジッた「トレラン」※トレイルランニングの略

 

4年前にある記事を読んで興味をそそられた

 

 

 

 

通称UMCBの記事

 

メキシコの山奥に住む走る民族ララムリとのレースを取り上げたこの記事

 

この記事を読んで「BONE TO RUN」という本を知りすぐ読み漁り虜になった

 

 

 

 

 

50mile(約80㎞)のウルトラトレイルレース

 

ララムリはワラーチと呼ばれるサンダルの様なものでそれを走る

 

4年前、世界には頭のおかしいレベルのレースやすげぇ人達がいるんだな

いつかは自分も行きたいな

そう思って

 

 

IRONMANの練習で辛い時苦しい時に何度も何度も読み返して勇気をもらった記事だった

 

こんなありのままの気持ちを僕も書きたいと思って自分のブログを書いたりもしてた

 

 

その記事や本に出会う少し前に、

トレランレースを初めてやってみようと思ってエントリーして高尾山に向かうとレースじゃなくて練習会だった事があった

 

その時にトレランの走り方やマナーを1度だけ習った事があった

 

その時の先生がワラーチを履いていた

 

 

が…もちろんその時の僕はワラーチなど知るすべもなく、この人頭おかしいのかなとしか映らなくて

 

帰ってから友達と「仙人」と呼んでいた

 

 

しかしその後、BONE TO RUNを読んでワラーチの意味と価値を知り

僕はもう馬鹿にできなかった

 

 

IRONMANの課題が一区切りしたら絶対にまたあの仙人を探してあの時のワラーチのことをたくさん聞くんだ

ずっとそう考えていた

 

そして年末IRONMANが終わってから4年前に1度だけ会ったその仙人をずっと探してた

 

そこはネット社会の現代(笑)

 

1ヶ月探して仙人GET!!

 

連絡したら覚えててくれてすぐさまアポ^_^

 

そして今日4年ぶりの対面

 

鎌倉に移り住み鎌倉の山々を走っていたので一緒に走ってもらい

 

僕の2017年のトレランの壮大な計画を聞いてもらいアドバイスをもらい走り方を教えてもらい課題をもらい

 

ボヤけてしか見えなかったトレランの計画が鮮明な色彩を纏い

 

ララムリに会ったことのある仙人と一緒にビールを飲みながらララムリのことワラーチのことを沢山話した

 

そして念願のワラーチと対面

 


※超貴重ララムリのアルヌルフォのサイン入り

 

 

いつかこれで100㎞超えのウルトラトレイルを走り切りたくてしょうがない

 

そんなワクワクな夢を沢山もらって帰る新宿湘南ラインの現実の中

 

ある記事を読んで突然思い出す

 

 

あーーーーーーー!!

 

 

僕に初めてトレランを教えてくれた今日の仙人…

 

 

僕がこの4年間ずっと辛い時挫けそうな時に100回以上読み返した

UMCBの記事書いてた人だΣ(゚д゚lll)

 

突然そう確信して帰宅してすぐ雑誌を確認したらやっぱりそうだった

こんな奇跡と必然あるのかよ(T_T)

 

さすがに震えた

 

 

僕が求めたものはいつも僕の前に現れる

だとしてもなんて事だ都合が良過ぎだろ

 

そんな人にコーチしてもらって

鎌倉の山々を案内してもらって

鎌倉が1番綺麗に見える場所にも連れて行ってもらった

 

 

 

 

 

トレランは登りきった時これがあるから最高だ♡

 

 

由比ヶ浜から若宮大路がクッキリ一望できる最高の気が流れてくる場所

 

そしてこの仙人なんと

僕が日本人でもっとも尊敬してる大峯千日回峰行 の

 

塩沼亮潤大阿闍梨さん

 

にもお会いして記事を書いてた

 

 

 

 

 

 

これで僕が生涯もっとも会いたかった

ララムリと阿闍梨の2人ともに会っているΣ(゚д゚lll)

 

 

あーなんて1日だ興奮して眠れない💤

2017.1.21 夜

長栄潔

コメントする