〓IRONMANへの道.〓

人生苦なくして楽なし〜長榮潔〜

ウルトラマンにはやっぱりなれない

富士五湖ウルトラマラソン5Lake118㎞

 

 

なんだか色んな事が噛み合わなかった

 

たぶんそれはどこかで

 

「来週のレースのために最悪途中で辞めよう」

 

そう思いながら挑んだから

 

かと言ってどんな事情であれやりかけた事を途中で辞められる性格じゃないことは自分が1番わかってるはずなんだから

 

初めからそんな言い訳用意するべきじゃなかった

 

また、ウルトラマラソンは4回目という驕りも準備の段階で顕著に現れた

 

それに気付けていればせめて

 

苦しいレースになる覚悟ぐらいはできたはずだ

 

ましてや今回は初の試み118㎞

100㎞後の18㎞がどれほどキツイか想像できなくても予想はできたはずだ

 

 

結局のところ

 

全ては自分の驕りにある

 

勝って驕らず負けて腐らず

 

この言葉を今一度嚙みしめよう

 

レース後気力よりも体力が萎えてブログを書くことも不可能だったので明日になってしまった

 

ブログや日記は生物

なるべく新鮮なうちにありのままを書くのがいい

 

【回想】

 

《今回のレースの課題は》

  • 脚を残す
  • バックパックに慣れる
  • 歩かない
  • ツバを吐かない

《今回の失敗》

  • ウルトラで脚を使わないの無理
  • バックが重かった
  • 歩いてしまった

 

つまりのところ『ツバを吐かない』という課題以外はひとつもクリアできなかったというレースぶり

 

 

 

しみったれた風呂付きの旅館は良かった

 

2:00am気温2度

ランニング短パンで首を右に寝違えて起きる

 

 

出たこの早起きじゃなくてもはや夜更かしの域の時間

 

 

そして前日の焼肉が美味すぎてご飯大盛りお代わりまでしたのは失敗だった

そしてなにより朝ご飯が人生初のコンビニのパンという結果に

 

ウルトラマラソン4回目だし大丈夫だろうという驕りが現る

 

 

今回はチームゴキゲン鳥4人で挑戦

 

 

成城店店長のひろし(初ウルトラ)

海外から逆輸入海太(初ウルトラ)

同級生次郎(ウルトラ5回目素人)

 

なんとか初ウルトラの2人に完走してほしい

この時はまだ自分の心配も他所にそんなことばかり考えていた

 

飲食店の従業員は忙しい

労働時間を守ったところで大変な仕事だ

そんな子が人生半分リタイヤしかけた大人の遊びに挑戦しようとしてるんだ

なんとか失敗じゃなくて成功体験してほしい

 

 

意気揚々とスタート後

昨日の焼肉が裏目に出る

スタートして20㎞までにウ◯コに二回行く

合計2㎏は出たな

時間はかなりロストしたが身体は軽くなった

これで先日の焼肉の失敗は取り返す

しかし、朝の慣れないコンビニパンだけではパワーがイマイチ出ない

今後は絶対に朝パンは禁止だ。

 

 

途中30分遅れでスタートしてきた100㎞組のトライアスロンのチームの人に会う

この方チームで1.2番にランが速い

これは助かった

最後まで付いて行ったら撃沈するけど少し乗せてもらおう

しかし㎞5分ちょっとで走ってる

キチガイダ

だけどこんな速い人と走れることないから楽しいナウ

 

 

 

フルマラソンも余裕で2h台で走るこの人

ウルトラとかやってると思わなかったら今年で富士五湖連続10年目

やっぱ続けてるってすごい

 

 

「これはマラソンシーズン最後の遊びみたいなもんです」

 

え〜と、ぼく今あそびどころか死ぬ気で貴方について行ってます

 

40㎞地点までついて行ってなんとかタイムを稼いだ

 

 

 

1人になると遅い

 

 

 

すると今度はサハラ仲間のこの方

 

 

 

㎞何分で走るのか聞くと

「㎞5:40」とハッキリ言ったので

 

第2弾乗せてもらう作戦にはちょうど良いタイム

ということでついて行く

 

あれ?なんかさっきと変わらないぐらい速い気が…

時計を見ると㎞5:00

 

はいもう無理です

60㎞弱で別れる

 

すると今度はついに

サハラ仲間のトレニック仲間の

先週東京砂漠を7日間一緒にやりきった雄介さんは会う

この人ならいま受けているであろうダメージは僕とまるきっり同じはず

 

良し今日はゴールまでこの人について行って

僕の脚は生き残る作戦

 

 

富士五湖ウルトラマラソン118㎞は

河口湖→山中湖→西湖→精進湖→本栖湖

をぐるっと回って帰ってくるコース

100㎞の人は本栖湖を回らない

だから

グッと人が減る75㎞過ぎ

 

長渕剛と言うドーピングを使ってまだ走れる

そんな本栖湖1番端っこ

 

 

 

 

しかし淡々と走り続ける雄介さんにもついて行けず置いてかれる

それでもまだなんとか

 

100㎞地点で約11時間

あと18㎞未知の領域

 

しかしここからが悪魔の領域だった

 

この手前でゴキゲン鳥の2人のリタイヤの速報が届く

悔しくて涙が出てくる

 

なんでだ

なんでだ

なんでだ

 

何度もそう呟く

 

僕はおそらく厳しい

しかしそれはみんなに強くなってほしいから

だからせめて

あんなに頑張ってるんだから

『成功』っていうご褒美があってもいいじゃないかと思う

 

僕は人生は自分の思ってる以上にキツイことが起きるとわかっているから自分にも他人にも厳しく生きてる

 

だけどぼく以外の人にはもう少し人生はあまくてもいい気がする

 

なのになんでこんなにも試練を与えるのだろう

 

来週のために脚に残りそうだったら本当にリタイヤも考えてたけど

 

これで僕はまたやめられなくなっちまった

 

チームメイトの次郎がスタート前に言っていた言葉を思い出す

 

 

「あきらめることをあきらめる」

 

 

そうしよう

 

もうどうにでもなれ

なにがなんでもゴールに帰る

 

 

 

来週のことは…明日考える

 

そして100㎞からの18㎞は悪魔の領域だった

 

脚は痛くて前に出ない

胃腸は受け付けない

眠気と弱気に押されて

「無理」な理由が何度も過ぎる

 

それでもその度に

 

できる理由だけを探す

 

 

そしてほぼ歩きに変わる

この山中湖から河口湖への戻る道はたしか初めてのフルマラソン富士山マラソンと同じ道だ

たしか4年前のあの時も僕はここで苦しんでた

 

だけどあの時は35㎞地点

4年後の今は110㎞地点

 

 

苦しみは一緒でも尺度は違う

 

僕もまだウルトラマンにはなれないけど

大切なものを全部は守れないけど

 

少なくても4年前よりは強くなってる

 

これでいい

きっとこれでいい

 

周りと比べる必要なんてない

去年の自分より今年の自分が

少しでも成長していることが大事

 

 

そう言い聞かせて

結局時間に余裕はなくなんとかなんとかゴール

 

本栖湖を回っている時

なんで118㎞にしたんだろう

100㎞で良かったのに

と自問自答したけど

 

ゴールしたら100㎞じゃなくて118㎞にしておいて良かったと思えた

 

富士山には5つの湖がある

 

僕にはタイムなんからよりこの5つの湖を回ることが貴重だった

 

 

 

富士の山

5つの鏡を手元に置いて

雪化粧

 

 

己の弱さをまたしても見せつけられ

自分なんて人間のちっぽけさを感じて

脚が折れかけ心が折れかけ

それでも微動だにせず

悠々とそびえ立つ富士の山が顔を出した時

自分なんて人間の小ささを感じ

もっと自然に生きていこう

と思えた

 

 

僕はここ最近

仕事でも下の子には

無理をするなと言う方針に切り替えてきたのに

自分はとっても我慢と無理をしている

気付けば言いたい事も本音も言えなくなり

自然な自分じゃなくなってた

 

唯一自然体で入れるのは家族といる時だけ

だから家族は僕にとってとても大切なものになった

 

そうだ

このウルトラマラソンを走る前に書いたのを忘れてた

 

脚が痛くなり頭が朦朧として心が折れかけ些細な事に腹がたち周囲のもの全てが憎く見え全ての声が皮肉に聞こえそれでも脚を止めずに折れた心を紡ぎ合わせ走り続けたその先に本当に大切なものが見えてくる

 

 

こういうことか

 

 

 

これが僕の大切な家族です

 

 

2017.4.24 長栄潔

コメントする